決済代行とはなんでしょう

決済代行とはいったいどういったものでしょう。

私たちは公共料金や日々の買い物など日常生活においていろいろな料金を支払っていますが、最近は現金での支払いよりカードや口座振替といったものを利用することが多いと思います。

例えば電気料金一つをとっても昔のように検針したその時に料金を支払うといったことはあまり無くなってきました。

大抵は自分の銀行口座から振り替えてもらったり、クレジットカードで決済したりしませんか?

この時電力会社が確実に料金を回収するために利用者と電力会社の間に集金を代行してくれる業者がいます。

これが決済代行と呼ばれるものです。

カードを利用する方が現金を持ち歩く必要もなく決済も月に一度口座から引落してくれますから、支払いがバラバラになることもなく便利であるといえます。

一方、集金する側も料金は代行会社が支払ってくれますし、万一口座から引き落とせなくても未納の料金への対応は代行会社が行ってくれますからこちらも未回収の問題がないといえます。

     

公共料金だけでなく、最近は通販で買い物をする人も多くなりました。

決済代行のサービスは買い物をする方にも通販などの会社にも利便性があります。

お客さまはクレジットだけでなくコンビニで支払う人や電子マネーを使う人、自宅に配達してもらって直接払う代引きを利用する人など様々です。

そういった決済の仕方をいくつも用意する事は最近の通販のサイトでは当たり前となっています。

購入する方としてもクレジットカードが使えなかったりあるいはカードがない時は口座振替をしたいといった場合、多様に支払い方法が揃っているサイトでの買い物がしやすいと思います。

最近は一つの商品に対し、サイトがいくつもありますから、支払い方法が一つという選択では別のサイトで買おうとすぐ変更できるのでいくつか選択できることは重要です。

決済代行の仕方にはこのようなものがあります。

決済代行の仕組みを見る

カードやコンビニ決済に加えて外国の企業なども利用できることで少しでも手数料を安くしたいという購入者あるいはサイト側の要望に応えようとするものが増えてました。